地方自治体向け下水汚泥消化システム

下水汚泥消化システムソリューション

地方自治体の分野では、下水汚泥からのバイオガス生産に焦点が当てられています。目的は、嫌気性汚泥消化による一次、二次汚泥の潜在的なエネルギーを利用可能にすることです。

下水処理プラントの運転により熱と電力が得られる一方。他方で汚泥は他の好気性処理段階がより高効率で、費用対効果高い運転で行われる用に調整されています。

LIPP コンバイオ発酵槽は、その製造法と長い耐用年数から、地j方自治体向けの理想的なソリューションとして確立されており、国内外の何百ものプラントに首尾よく設置されています。

発酵槽にSBRプロセスを適用し、タンクの形状と構造を活用することにより、下水汚泥の低いエネルギーポテンシャルを最大限に活用し、経済的に下水汚泥消化を行うことができます。

直径と高さの選択に柔軟性があり、設置する為の敷地が小さく済むため、既存のプラントに大きな利点があります。既存のシステムへの容易な統合と、下水汚泥向けに低エネルギー消費に特化したミキシングとポンピング技術により、LIPP コンバイオ発酵槽は嫌気性汚泥消化システムの中心的存在となっています。

都市下水汚泥の消化に関する詳細情報

高品質でプロフェッショナルなアプローチ

エンドカスタマーおよびエンジニアリング会社に、LIPPの消化プロセスの専門知識と、密接で専門的な作業方法は大きな寄与を与えます。

個々の要望に合わせた設計と、工期内の適切な竣工に加えて、広範囲なタンク検査もサービスパッケージに包括されています。
LIPPは要求に応じて、設計、熱量やエネルギー計算などの必要な基礎設計の準備において、パートナーをサポートします。
この分野でのLIPPの目的は、地方自治体の下水処理場や排水処理および汚泥消化プラントの技術者にとって最も信頼できるパートナーであり続ける事です。
LIPPはそのために、製品の品質に加え、プロフェッショナルで経済的で、尚且つ工期を遵守し、完了させるシステムを絶えず改善しています。
顧客とエンジニアリング会社との効率的な連携を目指して、従業員の継続的な資格取得や研究成果への高い投資によって、技術プロセスの専門知識が絶えず拡大しています。
このようにして取得された上流プロセスと下流プロセスの理解により、LIPPのエンジニアは個々の分野ごとに最適なソリューションを開発し、顧客と共に理想的に実現することができます。
認定は現在標準的に取得されており、例えばWHGおよびDIN EN 1090§19および安全衛生システムに準拠しています。
LIPPはまた、ISO 9001、OHSASなど、世界的に認められている環境管理システムなどのさらなる資格取得に向けて継続的に取り組んでいます。

適用範囲例と参考

Kommunen Klaerschlamm - Lipp System
ドイツにある10,000人都市の小さな排水処理場の汚泥消化案件から、英国や、中国などの大規模な産業廃棄物や汚泥消化プラントまで、LIPPは100m³から2500m³のLIPPコンバイオ発酵槽を提供し、 技術的に成熟したシステムソリューションとして確立しています。
ユニークなタンク技術、経済的な組み立て、特許取得済みの付属機器、細かく調整されたプロセスにより、下水汚泥消化は魅力的で多様なプロジェクト規模になっています。
高いプロセスの信頼性と耐久性のある構造は、償却期間をはるかに超える長期にわたる経済的運用を保証します。
LIPPシステムは他のプロセス容器や発酵槽にも適しているため、多くのプラントで、上流および下流容器を含めて、調和したシステムが多く設置されています。

市町村のためのさらなるシステムソリューション