自治体向けガス貯蔵タンク

ガス貯蔵システムソリューション

LIPPガスホルダーを使用することにより、LIPPは、バイオガス、下水ガス、および埋立ガスの加圧されない貯蔵のために、それ自体完全な試行錯誤のシステムソリューションを提供します。

この解決策は、主に地方自治体の排水処理プラントおよび埋立地に使用されています。

高機能と安全性の設計だけでなく、非常に長い耐用年数にわたって低メンテナンスコストを保証します。 これは主に、ガスホルダーがLIPP二重折り曲げ工法で製造された鋼鈑タンクによるUV放射および他の環境影響から保護されているためです。

さらに、この構築方法により、正確な漏れ試験およびガス充填レベルの高精度計量監視が可能になる。 両方の側面は安全で効率的なプラント運転に不可欠です。

LIPP GmbHの§19 WHGによる認証およびガス貯蔵タンクのDVGW承認により、地方自治体の廃水処理プラントで使用するためのさらなる条件が満たされます。

都市ガス貯蔵に関する詳細情報

適用範囲例と参考

LIPPによるガス貯蔵システムは、国内外の300以上のプロジェクトに首尾良く設置されています。 ガス貯蔵能力は30〜5,000m³に及び、耐ガス性PVCガスホルダーは、亜鉛メッキ鋼製シリンダーで保護されています。 自立式屋根は高品質ステンレス鋼1.4301で作られています。 LIPPガスホルダーは、センサや内蔵部品、鉄骨構造を含む完全なシステムとして提供され、既存するシステムに容易に組み込むことができます。

LIPPガスホルダーの主な用途は、ガス生産の変動を相殺すると同時に、メンテナンス等によるダウンタイムのためにバッファ容量を必要とする地方自治体向け廃水処理プラントや埋立地に利用されます。 更にガスホルダーは、バイオガスの直接販売でも注目されており、特定の時期に供給が必要な場合もあります。

LIPPガスホルダーは、電気は蓄えられないという事実を考慮すると特に魅力的です。発電に使用される(バイオ)ガスは、必要に応じ、あるいは報酬に応じて、一定の時間確実に貯蔵して使用することができます。

市町村のためのさらなるシステムソリューション