自治体向けの飲料水貯蔵

飲料水供給のための革新的なシステムソリューション

技術革新はLIPPの最大の強みの1つです。 LIPPは、特許取得済みの二重折り曲げ工法をベースに、飲料水供給に使用出来るようなフルステンレススチール容器の建設に特化した自動溶接システムを開発しました。

従来タンク、排水処理タンク、下水汚泥消化タンク、ガス貯蔵タンク製造には数十年において確立されてきたLIPP二重折り曲げ工法が主に使用されています。飲料水供給タンクにも競争力を持たせるため、自動化された工程は高い安全性を保証し、長い耐用年数と飲料水の安全性を保証します。配管建設やその他の部品を扱う認定パートナーと協力して、LIPPは継続的に開発を行いながら、システムソリューションを提供しています。我々は、LIPP二重折り曲げ工法と同様、LIPP溶接技術もその優れた利点を認識しています。

市の飲料水貯蔵に関する詳細情報

高い柔軟性と小さなフットプリント

直径と高さの高い柔軟性と設置スペースが小さいため、既存するプラントには大きな利点があります。 高品質であるだけでなく、顧客とエンジニアリング会社からは、LIPPのプロセスにおける専門知識と、密接でプロフェッショナルな工法を高く評価されています。 サービスパッケージには、個々の要件に合わせた設計と工期内での適切な完了や、タンク検査などのサービスが包括されています。

LIPPの目標は、飲料水供給における地位の強化と、地方自治体やメーカーの両方に有能で信頼できるパートナーを持ち、この業界でも居場所を得ることです。 これを達成するために、製品の品質に加え、プロジェクトのプロフェッショナルでタイムリーかつ経済的な完了が絶えず改善されています。

認定は現在標準的に取得されており、例えばWHGおよびDIN EN 1090§19および安全衛生システムに準拠しています。 LIPPはまた、ISO 9001、OHSASなど、世界的に認められている環境管理システムなどのさらなる資格取得に向けて継続的に取り組んでいます。

市町村のためのさらなるシステムソリューション