産業界向け蓄熱タンク

廃熱や再生可能エネルギーからの熱を中間貯蔵するためのタンク、およびシステムソリューション。

バイオガスプラント、バイオマスコージェネレーションプラント、または他の熱源からの熱を中間貯蔵することは、有効利用のための重要な前提条件です。

Lippバッファタンクシステムは、熱エネルギーの貯蔵と供給のための経済的なシステムソリューションであり、地産地消の熱供給のためのカスタマイズされたソリューションなどを容易に組み込むことができます。

LIPP®バッファー貯蔵タンク

80~3,000㎥の容積を有する、LIPP二重折り曲げ工法のステンレス鋼製タンクは、蓄熱要件の為に個別に調整され、断熱材を備えて約95℃で運転します。
LIPPのタンクシステムは加圧されていないので、ソリューションはメンテナンス性が低く、非常に耐久性があります。

大容量で地上設置型のLIPP貯蔵タンクは、本用途に向けて特別に開発されたものであり、エンドユーザーおよびエネルギー供給業者に人気があります。 プラント運営者やエネルギー供給業者と協力して、地産地消の地域的温熱利用の有効性を浸透させ、実施し、再生可能エネルギーとしての熱利用に、今まで以上に貢献することができます。

業界のさらなるシステムソリューション