LIPP® ガスストレージ

バイオガス、埋立地ガス、下水道ガスの非加圧貯蔵のための費用対効果の高いシステム

生物学的プロセスにおいて、ガスの生成は連続的ではありません。
そのため、ガスを消費しながらのガス生成を行う為や、プラントの修理・メンテナンスによる停止時間を確保するために、ガスストレージが必要とされます(例:発電・熱利用プラント)。

高い機能性と安全性に加えて、ガスタンク建設と運転についての重要な基準には、運用費用とメンテナンス費用が含まれます。

  • DVGW承認
  • 高い機能性と安全性
    レーダー測定による正確なコンテンツ表示
  • 運転費用とメンテナンス費用の低さ
  • 迅速な工期
  • メンテナンスの必要性の低さ
  • 長寿命
  • 高い気密性

テクニカルデータ

ボリューム
30〜5,000m³

メディア
下水道ガス、埋立地ガス、バイオガス

無加圧貯蔵
0〜5mbar

ボディカラー
RALに従って選択可能

材料

コンテナ
実績のあるLIPP®ダブルシームシステムの亜鉛メッキ鋼

屋根
ステンレス鋼、z。 例えば1.4301

メモリバルーン
PVCポリエステル生地

設備

  • レーダー測定システム
  • 圧力安全性の下で/オーバー
  • ロック可能なアクセスハッチ
  • ガス含有量表示
  • 階段、はしご、台座
  • マンホールなど

専門家

LIPPは、現在の安全規制に従って構築されています。 すべてのガスコンテナはDVGWで承認されています。

無加圧ガス貯蔵の実証済みシステム

LIPPは、過去30年以上にわたって世界中で300以上のプロジェクトに使用されてきた乾燥ガスの非加圧(最大5mbarまで)の貯蔵システムを開発しました。 それぞれの場合のガス収率に応じて、30〜5000 m³のサイズが利用可能です。

ガス・ストレージは、2つのパーツから成ります

  • 半球型の貯蔵バルーン
  • バルーンを機械的損傷および風雨等による天候の影響から保護するためのスチール製タンク

タンクは試運転とテスト済みのLIPP二重折り曲げ工法を用いて生産されます。ガス貯蔵バルーンは、両面にPVCをラミネートした特別なポリエステル生地で作られており、耐ガス性とUV保護面を強化され、支持リングによってタンク内に吊されています。

ガス圧は、ガスストレージ内の容量に従い必要に応じてコンプレッサーで加圧されます。 こうする事により運転費用と保守費用が低くなり、さらに高い信頼性と実質的に摩耗のないシステムとなります。 そして結果として、これはまた、システムの耐用年数を増加させます。

Aufbau des LIPP Gasspeichers

詳細情報