Lipp Nachgaerer Pumpsystem

LIPP® 二次発酵槽

バイオガス収量を増加させるための柔軟な二次発酵槽

LIPPは残留ガスの有効利用を行い、個々のバイオガスプラントの要件に合わせて更なる高効率を実現するための3つのタイプの柔軟な二次発酵槽を提供しています。

  • LIPP® ユニバーサル二次発酵槽
  • LIPP® KomBio 二次発酵槽
  • LIPP® 二次発酵槽としてのエコ発酵槽
LIPP Membrandach Edelstahl
  • 既存のプラントに統合可能
  • フレキシブルな直径と高さ
  • 最小限の設置スペース
  • 短いインストール時間
  • 耐久性のあるタンクとカバー
  • 世界中で一貫した品質
  • 顧客の要件に基づいて個別にカスタマイズ可能

テクニカルデータ

直径
無段階3 – 50 m

高さ
無段階2 – 35 mm

ボリューム
40〜10,000 m3³
運転圧力
0〜5mbar
さらにリクエストに応じて

ボディカラー
RALに従って選択可能

材料

ステンレス鋼VERINOX®

両面亜鉛メッキ鋼とステンレス鋼製複製材との組み合わせ材料、例えば、 1.4571 [316Ti]または1.4539 [904L]である。

設備

後続の設置/設置でも、任意のサイズおよび形状の開口部またはダクトが可能である。 コンテナの技術装置には、幅広い周辺機器アクセサリが用意されています。

  • コンテナの屋根
  • 容器底部
  • ポンプと攪拌技術
  • タンク断熱材
  • 階段、はしご、プラットフォーム、ノズル、マンホールなど

バイオガスプラントの要件に対する個別の適応

LIPPユニバーサル二次発酵槽(槽内容量200〜5000 ㎥)には、高品質のLIPPステンレススチール製のダイヤフラムカバーが付属しており、外部のガスストレージ使用のために設計されています。これは、残留ガスの回収および効率の改善に特に適しています。

LIPP KomBio二次発酵槽(槽内容積2500㎥以下)は、ガスストレージが一体化されたタンク溶液を提供します。 特許取得済みの発酵槽は原料に対して柔軟性で、風雨等の天候や紫外線からガスストレージを保護します。

3番目の選択肢は、ガスストレージの有無にかかわらず、屋根構造の選択肢があるLIPP Eco二次発酵槽(槽内容積100〜10,000 ㎥)です。

提供されるすべてのタンクに使用されるVERINOX(ステンレススチールの合成材料)は、高品質で長期間の保管を可能にし、様々なグレードに合わせてご利用いただけます。フレキシブルなLIPPシステムと組み合わせることで、あらゆる作業に適切な二次発酵槽を提供します。

LIPP®二次発酵槽の詳細情報

LIPP二次発酵槽の特長

LIPP Nachgaerer Aufbau
  • 槽内容量100〜10,000 ㎥を備えたステンレス製タンク
  • ガスストレージの有無にかかわらず、気密性の高いガスカバーを有します。
  • 個別にカスタマイズ可能です
  • 高品質材料による耐久性
  • 残留ガスの回収や効率向上に最適
  • 様々なケースに適した均質化装置
  • 風雨等の天候、紫外線防護を備えた一体型ガスストレージのオプション
LIPP Nachgaerer Montage

タンク屋根とカバーの幅広い選択肢

LIPP二次発酵槽には適切にカバーするために使用する様々な屋根構造があります。 この選択肢には、ホイル屋根、シングル/ダブルスキン屋根、ダブルダイアフラム屋根、高品質のLIPPステンレススチールダイアフラムカバーが含まれます。

その他の容器