LIPP KomBio®-発酵槽

特許取得済み発酵槽、ガス貯蔵統合

工場・自治体向けのLIPP KomBio発酵槽はバイオガスプラントでのエネルギー生産と下水汚泥の安定化のための画期的で経済的な解決策であり、20年以上にわたり多くの国で使用されてきました。 迅速な工期、低い投資コスト、高い操作安全性、長い耐用年数が特性です。 このシステムは小型および大型プラントに適しており、業界標準に準拠しています。

  • 再生可能エネルギー生産と化石燃料によるCO²排出量の削減
  • 低騒音性
  • 原料組成に関する柔軟性
  • 最小限の配管構成によりコンパクトで省スペース
  • 高い機能的安全性
  • 天候から保護するためのスチール製屋根(断熱可能)
  • 目的に合わせた個別カスタマイズが可能
  • 高断熱性により暖房需要が減少
  • 特許取得済みの攪拌システム性能
  • 現場生産による工期短縮
  • 低投資コスト
  • メンテナンスの必要性の低さと耐久性
  • 業界標準に準拠した発酵槽
  • 世界中で一貫した品質

テクニカルデータ

ボリューム
100〜2,500m³

メディア
フレキシブル基板

運転圧力
0-2 mbar

ガス貯蔵
統合されました

ボディカラー
RALに従って選択可能

材料

コンテナ
ステンレス鋼VERINOX®

複合材料
両面は鋼鉄を亜鉛メッキし、
ステンレス鋼の複製、
例えば 1.4571 [316Ti]または1.4539
[904L]の
中に触れる側。

備品
ステンレス鋼、例えば。 1.4301 [304]、
1.4571 [316Ti]または1.4539
[904L]

メモリバルーン
PVCポリエステル生地

設備

技術装置の場合
容器は広い
周辺機器の品揃え
使用可能なアクセサリ:

  • 屋根断熱
  • ポンプシステム
  • 柔軟な攪拌技術
  • サイトグラス
  • 階段、はしご、プラットフォーム、ノズル、マンホールなど

エネルギー生産のための経済的でコンパクトなソリューション

LIPP発酵槽システムはモジュール式設計となっています。ユニットあたり100 ㎥〜2500 ㎥の範囲の発酵槽チェンバー容積が利用できます。ガスストレージと、必要なすべての機能と安全性要素があります。 発酵槽とガスストレージの組み合わせは、コンパクトなソリューションを提供し、パイプラインと追加タンクの高価なコストを節約します。

LIPPKomBio®リアクターの詳細情報

原料-フレキシブルで拡張が容易

利用可能な原料のグレード範囲および個別にカスタマイズ可能なポンピングや攪拌技術は、意図する用途に適合可能な原料組成を柔軟に可能にします。 さらに、前処理または後処理(例えば、加水分解タンク、二次発酵槽、資源作物サイロ)用のさらなるタンクを提供することができます。

バイオガスプラントと嫌気性消化のためのLIPPタンクは、プラント建設とタンク製造で50年の経験があります。 LIPPタンクは特許取得済みのVerinoxステンレス鋼を使用して世界中に建設されており、高品質と高機密性が特徴です。

LIPP KomBio®-リアクターの特長

  • 容積が100〜2500 ㎥のステンレス製発酵槽
  • 積算ガスストレージ – 高い安全性のために樋に固定
  • より良い混合と最小限の攪拌のために割り出された最適な直径と高さの割合
  • 低メンテナンス、外部パネル加熱システム
  • 原料および発酵槽に適合させることができる柔軟な攪拌技術
  • 攪拌技術は、タンクを空にすることなく維持することができます

迅速な工期による低投資コスト

LIPP二重折り曲げ工法の自動組立技術により、ステンレススチールタンクの迅速な建設が可能になり、投資コストにプラスの効果をもたらします。
現場での効率的な生産を可能にし、設置スペースを最小限に抑え、設置時間を短縮できる柔軟な建設技術はお客様にとっても重要なメリットです。

LIPP発酵槽の滑らかな内壁(主に内部のアタッチメントのない部分)は、エネルギー消費を低く保ちながら、穏やかで均一な混合を保証します。 外部加温システムは、発酵槽の均一な温度分布を保証します。
LIPP消化装置によるこれらの機械的および熱力学的利点は、短い保持時間を意味する。

長寿命と高機能安全性

高機能の安全性、特に加温と攪拌技術は、運用の為のエネルギーの要求を低くし、タンクのメンテナンスの必要性を最小限に抑え、寿命を長らえるという利点を組み合わされています。

さらに容器セット。