LIPP®-システム

世界で唯一のLIPPシステム

LIPPシステムは、シンプルでありながら独創的なタンク製造の原則に基づいており、それは世界で唯一のものです。鉄鋼コイル、製造マシンおよび付属品は、タンクが設置される建設現場へと運ばれます。

タンクは、効率的で早い工期、高さや直径の柔軟なサイジングが特色となっています。外形は自動2段階手法により鋼板から形成され、外形層がタンクを螺旋状に上方に巻き上げながら結合されます。安定性を確保する一方で、LIPP 独自の二重折り曲げ工法と溶接工法を使い、鋼帯同士をしっかりと結合します。

産業界や農業界などの地域社会において、固体や液体の適切な貯蔵や処理は、問題のある危険物質に関係するタンクに対して、極めて厳しい要求が課されます。

  • 世界規模での一貫した品質
  • 現地での自動化された効率的な製造
  • 個別カスタマイズが可能なソリューション
  • 必要最小限の設置作業スペース
  • 高い構造的安定性
  • 高い耐腐食性
  • 最大限の気密性
  • 低コスト組立と低投資コスト
  • 材料の特定選択による原料選択の柔軟性
  • 低いメンテナンスコスト

ISO 9001:2015

品質マネジメントシステム
LIPP GmbHは、以下のアプリケーション分野に品質管理を導入し、適用しています:

  • 開発
  • コンフィギュレーション
  • 加工
  • セールス
  • 液体、固体および気体の媒体用のタンク、サイロおよび発酵槽のプラント建設の分野における組立およびサービス

TÜV NORD & TÜV SÜD

DIN EN ISO 3834-2による溶接作業
LIPPは、DIN EN ISO 3834-2に準拠したコンテナ、機械、スチールの溶接会社として認定され、製品のプロフェッショナル溶接を保証します。

DIN EN 1090-2に準拠したEXC3への溶接
LIPPは構造部品の設計と製造、EN 1090-2に準拠したEXC3までの鋼構造用に認定されています。

WHGによる専門会社
LIPPは、水資源法第19条に基づく専門会社であり、製品の寿命、専門家の執行、最後の細部までの堅実な仕上がりに特に注意を払います

DIBt

折り畳み式鋼板製コンテナ
LIPPは、LIPP®システムを使用した鋼板コンテナの建設に関する建築当局の承認を受けています。

作業の安全性

AMS BG建設
LIPPは、AMS BAUに基づいた体系的で効果的な労働安全の要件を満たしています。

大きさ

直径無段階
3 – 50 m

高さ無段階
2 – 35 m

ボリューム
40〜10,000 m³

リクエストによりさらに大きく

材料

ステンレス鋼VERINOX®
両面亜鉛メッキ鋼とステンレス鋼製複製材との組み合わせ材料、例えば、
1.4571 [316Ti]または1.4539 [904L]である。

ステンレススチール
1.4301または1.4571

亜鉛メッキ/黒色鋼

さらにリクエストに応じて

メディア

気体状、液体および固体の媒体
バイオガス、下水道ガス、下水、プロセス水、下水汚泥、ビート、バルク材など

大きさ

直径
無段階6 – 50 m

高さ
無段階3 – 30m

ボリューム
100〜10,000 m³
リクエストに応じてさらなるサイズ

壁の厚さ
4〜8 mm

材料

ブラックスチール
異なる成績で

メディア

液体および固体媒体
石油、水、セメント、バルク材料

大きさ

直径
無段階3 – 25m

高さ
無段階3 – 20 m

ボリューム
40〜5,000 m³
リクエストに応じてさらなるサイズ

壁の厚さ
24 mm

材料

ステンレススチール
1.4301 [304]、1.4571 [316Ti]

さらにリクエストに応じて

メディア

液体および固体媒体
飲料水、食品、プロセス水など

認定品質

LIPPは、タンク製造を専門とする会社として、資格のある専門家のサービスを提供し、プラントやコンテナを構築することができます。
当社製品の高品質基準を満たし、細部まで細やかな仕上がりを提供するために、LIPPは以下の機関により認定されています。

LIPP®システムに関する詳細情報

55年以上にわたり実証済み – 世界中で数千のシステムが実現

LIPP®システムは世界中で何千ものシステムを構築する上で、55年以上にわたって国際的に実績があります。 アプリケーションに合わせて、黒/亜鉛メッキ鋼、ステンレス鋼、またはLIPPによって開発されたコンビネーション材料VERINOX®で作られた容器は、当社のシステムで製造することができます。 私たちの材料の品質と長寿命に対する最も高い要求は、タンクとタンクの耐用年数と耐食性を長くします。 メンテナンスと修理のコストも低いままです。

LIPP®ダブル

鋼製ストラップをLIPP®ダブルリベートで接続すると、鋼製プロファイルは二重曲げによって接合されます。 1970年に開発されたプロセスは、密接な接続と、固体、液体および気体物質の貯蔵のための滑らかな内壁を可能にする。 用途への材料品質の特定の適合により、各基材に対して最適な貯蔵が達成される。

LIPP®溶接技術

折りたたみプロセスに加えて、LIPP®溶接技術は、LIPP®システムを使用してタンクとタンクを製造する第2の選択肢です。 ここで、鋼板は、2つの継ぎ目を有する溶接プロセスを組み合わせて接合される。 LIPPによって開発されたノウハウにより、ステンレススチールタンク(例えば飲料水タンク)と黒油タンク(例えば油の貯蔵用)が自動化され、寸法的に柔軟に溶接されます。

LIPPシステムによる構築

基礎スラブ作業が終了すると直ちに、タンクの建設が始まります。タンクを構築するために、2台のマシン、鉄鋼コイル、プロファイルリングが基礎上に設置されます。 プロファイルリングと2台のマシンが配置され、設定されると、タンクの製造が開始されます。 1台目のマシン(プロファイリングマシン)は、鋼帯をわずかに角度を付け傾斜させ供給して、輪郭を形成します。鋼帯が回転を完了すると、隣接する輪郭のストリップが2台目のマシンに集められます。 それらは次に、選択されたシステムに従って二重に折り込まれるか、または溶接されます。 LIPPタンクはさながら、自身が回転し、前進していくネジの様に、現地製造されていきます。

2台のマシンは、タンクが形成されている間は鋼帯に供給されたままであり、螺旋状に構築されていきます。 タンクが約2mの高さに達すると、上端を水平にカットします。 その後、屋根の設置、またはさらなるコネクタや部品の取り付け、または開口の形成が行われます。 そして、タンクは所定の高さに達するまでゆっくりと形成され続けられ、製造中に梯子やサポートが追加されます。

所望の高さに達すると直ちに、底縁を水平に切断し、タンクの内部部材やマシンを撤去します。 タンクは、回転方向を反転させることによって基礎スラブ上に置かれ、その後、建設プロセスの完了を示す位置に固定されます。 高品質で経済的な生産プロセスのおかげで、LIPPスチールサイロは世界中の80カ国以上で建設されました。

いずれの場合も、必要な機械は、使用する部材と共に、目的の建設現場に(トラック、コンテナなどによって)輸送され、モジュラー原理に基づいて現場に直接設置されます。 サイロを製造するために必要とされる部材(シート鋼帯)は、工場で所望の長さに切断され、1つ以上のコイルとして巻かれます。 材料の種類および厚さは、いずれの場合もサイロの構造要件および意図される用途に依存します。

詳細情報