LIPP®-二重折り曲げ工法

フレキシブルで安全な世界水準のLIPP®-二重折り曲げ工法の証明

従来のシステムではしばしば、固体、または液体の物質を最適かつ安全に保管するのには適さず、早い時期での腐食、漏れ、安全上の問題などが生じる可能性がありました。 柔軟性は重要な要素です。 タンクは、サイズと原料の点で柔軟でなければならず、現地の状況に最適に適合しなければならなりません。

  • エッジのない滑らかな内壁表面仕上げ
  • 高い気密性
  • 建設現場による自動化された高い生産効率
  • 設置コスト、運用コストが安い
  • 最小限の設置作業スペース
  • 高い安定性
  • ステンレス鋼、 VERINOX® ステンレス鋼、亜鉛メッキ、黒鋼など、選択可能な部材
  • 原料の種類によって柔軟に部材を選定
  • メンテナンスコストが低い

TÜV SÜD

WHGによる専門会社
LIPPは、水資源法第19条に基づく専門会社であり、製品の寿命、専門家の執行、最後の細部までの堅実な仕上がりに特に注意を払います。

Lipp tuev Zertifizierung

DIBt

折り畳み式鋼板製コンテナ
LIPPは、LIPP®システムを使用した鋼板コンテナの建設に関する建築当局の承認を受けています。

dibt_logo

大きさ

直径
無段階3 – 50 m

高さ
無段階2 – 35 m

ボリューム
40〜10,000 m³

リクエストによりさらに大きく

材料

ステンレス鋼VERINOX®
両面亜鉛メッキ鋼とステンレス鋼製複製材との組み合わせ材料、例えば、 1.4571 [316Ti]または1.4539 [904L]である。

ステンレススチール
Z。 B. 1.4301または1.4571

亜鉛メッキ/黒色鋼

さらにリクエストに応じて

メディア

気体状、液体および固体の媒体
下水、下水、プロセス水、下水汚泥、ビート、バルク材料などのような生物学的物質を含む。

LIPP Doppelfalz-Verfahren

LIPP®二重折り曲げ工法は、世界中で何度もその高い性能を実証されています。

LIPP二重折り曲げ工法の原理は次のとおりです。鋼帯の端を2回重ねて折り畳み、タンク内の強力な腐食性の液体でさえも完全に防食され、強力な気密性が保持されます。

LIPP®二重折り曲げ工法

固体、液体、気体の物質を最適に貯蔵するために

タンクやコンテナは、それぞれの場合に貯蔵や処理されるそれぞれの媒体の化学的で物理的な特性に適合する金属材料から製造されます。

優れた品質で特徴付けられた突出した安定性は、最大規模のタンクでも水平方向の圧力に対して耐性があり、最大限の安全性が保証されることを意味します。

早期腐食を防止する効果的な方法は内側にエッジのない滑らかな表面です。 また、別の具体的な利点としてタンクの直径サイズは、3メートルから50メートル以上で選択可能です。

簡単な施工 – 80カ国以上で試用とテスト済み

LIPPによって設計された運搬可能な組立装置は、所望の大きさの鋼帯を使用して、任意の現場で可変の直径のタンクを製造することを可能にします。 試行錯誤しながら、最適に自動化された生産方法により、迅速、柔軟、効率的な製造を可能にし、設置スペースを最小限に抑えることができます。

LIPP二重折り曲げ工法は信頼性の高い、コンテナやタンクを構築するための最も迅速で最も簡単で柔軟な方法です。

その他の情報