Liegender Fermenter aus der 70er Jahren

LIPP® 発酵槽

1971年に一号発酵槽を開発

すでに1971年に、同社は代替エネルギー源を検討し始めた。 当時の石油危機に対応して、サイロが発酵槽として初めて使用されている家有農場で実験を開始しました。 WeihenstephanとHohenheimの大学の支援を受けて、有機物からエネルギーを取り出すことができます。

異なる用途の4つの発酵槽タイプの開発

1970年代には、パドル攪拌とスクリューコンベヤを備えた発酵プロセスによる水平式発酵槽が作成されました。1980年代の終わりに、バイオガスプラントは代替エネルギー源として人気を得始めており、これまでの開発期間中に得られたノウハウを活用することができました。そして発酵槽のさらなる開発は、それぞれ異なる用途に適した4つの異なる発酵槽の作製をもたらしました。

LIPP®発酵槽の開発に関する詳細情報

一体型ガスストレージを備えたKomBioリアクター

40年以上にわたる発酵槽開発の経験により、特許取得済みである当社のKomBio発酵槽は理想的な完全なソリューションであることが保証されます。
この高品質のユニバーサル発酵槽は、工場・自治体向けの両アプリケーションに最適です。それはまた、何百もの農業用途にも使用されています。
発酵槽は最新の工業用ガスストレージと高性能の発酵槽とを組み合わせて、最適な混合と熱収量を可能にします。

タンクの個々のコンポーネントには数多くの革新性があります。
主なものでは一体型ガスストレージによる、ガス損失を低減する為のサージタンク内の可撓性ガスストレージ膜の密封一体化など、それらは多くの利点を提供しています。断熱可能な固定ルーフ構造は、気象の影響からガスストレージ膜を確実に保護し、膜の寿命を延長します。さらに、KomBio発酵槽の加温装置はステンレススチール容器(Verinox)の外側にあり、タンクの内容物全体に良好な加温を保証します。 最大200 mmの断熱材により、世界中の低温地域と高温地域の両方で使用することができます。KomBio リアクターのもう一つの特長は、特許取得済みの攪拌技術です。この技術は、多様な原料に適しており、均一な攪拌混合を保証します。

すべての消化成分は、発酵プロセスの要件に応じて個別に設計し、選択されています。LIPP システムの現場での製造方法は、世界のどこでも同じレベルの品質で製造が可能です。
パッケージはモジュラー拡張オプションで完成します。

Lipp KomBio Reaktoren in kommunaler Anlage

最適な直径を自在に選択可能で、 高品質、高水準ステンレス製ダイヤフラム屋根を備えたユニバーサル発酵槽

ユニバーサル発酵槽は、工場・自治体向けの大容量の開発品です。ステンレス製のタンク(Verinox)とステンレススチール製のダイヤフラム屋根を組み合わせて、コンテナ内部の最高品質を保証する事がこのコンテナの最大の焦点です。二次発酵槽としても、発酵槽としても農業用途に理想的なソリューションです。

Universalfermenter mit Edelstahl-Membrandach

ユニバーサル発酵槽は、KomBio 発酵槽のように、外部加熱の利点を享受しています。これは鋼の熱伝導率が良いため、タンクの内容物全体にわたる均一な加熱を保証します。タンク壁および屋根構造の良好な断熱は、発酵プロセスによる熱損失を最小限にします。そして柔軟な撹拌とポンピング技術は、用途に合わせて特別に選択されており、幅広い原料の組み合わせが可能です。

ユニバーサル発酵槽は、外部のガスストレージと組み合わされると、最大5,000 m³の発酵槽容量を備えた優れた長持ちのタンクソリューションを提供します。
フレキシブルな建設方法と個々の適応能力は世界中の何百ものプロジェクトで証明されています。

外部加熱と組み合わせた中央撹拌 – ユニセントラルミックス

ユニセントラルミックスは企業・自治体向けに標準の消化液を提供します。
タンクの中核はステンレス鋼(Verinox)であり、中央の攪拌機が取り付けられています。中央の撹拌機は、エネルギー要求を低下させ、原料の均一な混合を保証します。また、滑らかな内壁は発酵槽の堆積物の蓄積を減少させます。

このタンクの特筆すべき特徴は、ボルトを用いていないステンレス製ダイヤフラム屋根です。屋根構造は、ボルトの付いたプレートを使用しない特殊な構造でタンクの端にしっかりとフランジされています。これにより安全性が高まり、機密性が高まり、設置コストが大幅に削減されます。

必要に応じ、加温装置と断熱材をタンクの外側に取り付けることが可能で、それにより消化器設計のエネルギー効率と品質が向上します。またそれ以外の利点としては、現地製造による設置作業面積や工期の面での利点や直径や高さのサイズ選択の柔軟性が含まれており、ユニセントラルミックスは工場・自治体向けに個別に最適化されたコンテナソリューションと言えます。

UniCentralmix-Fermenter mit zentralem Rührwerk
Eco Fermenter mit flexibler Wahl der Behälterabdeckung

多様な屋根設計とオプションアクセサリーによる柔軟性– Eco発酵槽

Eco 発酵槽は農業用に特別に開発されたもので、柔軟な構造で多くの原料やアプリケーションを取り扱うことができます。 発酵槽は、ガスストレージの有無にかかわらず、最大10,000 m3のチャンバー容積で使用できます。

フォイル屋根、シングル/ダブルスキン屋根、ダブルダイアフラム屋根は、この発酵槽ならびに高品質のステンレス製ダイヤフラム屋根にも使用できます。 オプションとして幅広い付属品も用意されており、全体的なコストは製品を自分で組み立てる際に低く抑えられています。

LIPP発酵槽