沿革

アイデアを実装する

LIPP GmbHは1958年に設立され、送風機と換気パイプの製造を開始しました。 1960年に特許を取得したLIPP®ガター床の発明は、商業的成功に向けて3000万枚以上のコピーを販売し、さらなる開発への投資を可能にしました。

成長とタスク

次のサクセス ストーリーは1962年に特許を取得した石油タンク用タンクフィートについてです。-1964年にTannhausenで建設された新しい構造物は、その後も需要を増しました。 亜鉛メッキされたオイルドリップパンは従来のドリップパンの2倍の耐久性もあり、インスタント・ベストセラーとなり、1968年の販売数は1万件を超えました。 2枚の金属シートを接合するとき、どの様にすれば気密性を達成することができるでしょうか。 Xaver Lippは、1969年に革新的なチャンネルシーム加工機を発明し、この大きな問題を始めて解決した人物となりました。 この特別な機械の特許は、ジンデルフィンゲンのラインハルト社に引き継がれ、空調システムの建設に使用されました。 そして、LIPPと共に1970年代から成長し続けていた、タンクとサイロ建設分野において、本発明で産まれたLIPP二重折り曲げ工法が適用されていきました。
同時に、LIPPは製品の開発だけでなく、製品の品質そのもののあらゆる側面を確実にするために、独自の生産マシンの設計と構築にも取り組んでいきました。 これらの機械を使用して製造された最初のサイロとLIPP二重折り曲げ工法は、1972年に建設されました。 この結果を受けて、同社は、1976年に生産規模を拡張しました。 東ヴュルテンベルクから生まれたこの発明は、展示会に出展し、1970年代に中国やアジア諸国の、企業の目に触れ興味や関心を得られた事により、専門家の間でも徐々にその名を知られるようになりました。

LIPP GmbHのマイルストーンに関する詳細情報

開発以来から、使用する材料を慎重に選択することにより、様々な保管媒体に合わせたタンクやサイロを構築する際の特別な要件に、細心の注意が払われてきました。 また、付属機器等を選択する際には、常に全体を通しての将来的な成功を念頭に心がけました。 そしてその成功はまもなく1990年に中国でリップ・アンヤン(LIPP Anyang)として合弁事業を開始するという形で達成されました。 LIPPの歴史の第二世代を代表する人物、ローランド・リップは、1992年から2011年に亡くなるまで、同社のマネージング・ディレクターを務めました。現在は第3世代のマヌエル・リップが家族経営を引き継ぎました。

機会の特定と方法の指導

これは1970年代にドイツで起きた再生可能エネルギー生産の緊急課題への回答を探していたLIPPの指針であり、その結果、品質、性能、経済の新しい基準を設定するバイオガスシステムが設計がされていきました。 今日、LIPPバイオガスシステムは世界中で販売されています。 同社は、例えば、2006年から日本の九州産廃と提携しています。

成功に基づいて構築

LIPPは、LIPPがコンテナ製造用の新しい材料であるVerinoxを発明したときに、もう一つの画期的な成果を達成しました。 ステンレス鋼は、連結機を用いて亜鉛メッキされた金属シートに接合されいます。 これにより、使用されるステンレス鋼の割合が減少し、品質の低下なしにコストが削減される事により、LIPP二重折り曲げ工法のさらなる最適化が達成されました。 2005年にはRudolf Eberle博士賞、2006年にはドイツ鉄鋼イノベーション賞を受賞し、 現在に至り、LIPPは専門的なスタッフや有力な世界各地のパートナーを抱え、業界を牽引するリーダーとして更なる発展を見据えるという決意を抱く、強力で有能なチームとなっています。

詳細情報